純ブロ♡

私スタイルの毎日をいろいろ投稿!

料理〜チャーハンは香り!

今日は勢力的におうち仕事しました!

その中のお話はまた後日にして、今日は先月度マイタグランキングぶっちぎりの第1位、料理のお話 (^ ^)


ヒルナンデスを観ると、参考にしたいことが結構あるんですよね〜♩

先日は中華料理店の女性シェフが、家庭でもおいしくできるチャーハンの極意をレクチャーしてました。


まず基本ですが、家庭のチャーハンは味付けすぎなんですって!

塩とかいろいろ入れちゃダメって(汗)

チャーハンは香りで食べるものらしい _φ(・_・

この段階では???な人もいるかも。

では、こちらのレシピをご覧ください♩

…ということで、昨日の夕ごはんは極意のチャーハンに挑戦しました☆


ひき肉とかつおぶしのチャーハン

これが全貌!

材料

*ひき肉

*かつおぶし

*たまご

*青ねぎ

*ごはん

*お醤油

まず、ひき肉を炒め、お肉の香りを出す。

ここで、ごはんを投入しますが…

ごはんの中にたまごを割り入れてからごはんを炒めると、ごはんにたまごがコーティングされて、ごはんがパラパラになるというのは、だいぶ浸透してる裏ワザですよね。

では、割り入れたたまごはどのくらいごはんとなじませますか?

だいたいの人はごはんが黄色くなるまで、完全に混ぜてしまうと思います。

実は、このくらいでいいんだって!

ざっくり混ぜるだけ〜

必死こいてたまごと混ぜているうちに、ごはんに粘り気が出ちゃうらしいです🙅‍♀️

フライパンの中で、ごはんとたまごを合わせていく感じね。

そしたら、かつおぶし。

何かひとつだし的に味が出る具材をチャーハンに入れると、味が決まるそうです、干しえびとかね。

家庭で一番手軽に使えるのが、かつおぶしとのこと。

その後、青ねぎ。

ねぎの香りも大事にします。

ここまで、味付け一切してません!

味付けは最後に。

なぜなら、香りを大事にするから。

だから、お醤油は鍋肌に回し入れ、香りを出す。

味付け、ホントこれだけ!


チャーハン拡大図 ↓

見てもわかる!ごはんパラパラ☆

調味料も追加しませんでしたが、おいしかったですよ〜♡

塩分も控えめに作れそうね♩


昨日のチャーハン献立 ↓

*ひき肉とかつおぶしのチャーハン

*無限ピーマン

*大根・白菜・ねぎの中華スープ

珍しくオール中華なメニュー (*^◯^*)


このチャーハン、材料も揃えやすいので、みなさんも作ってみてくださいね🙂

くれぐれも、ごはんとたまごは混ぜすぎちゃダメよ♡(笑)